ワンバスのコンセプト

大好きなバスケットから
「主体性」を育む

ワンバスは、子供たち1人ひとりをスポーツ選手として尊重し、自ら目標に向かって挑戦する人を育成します。 大好きなバスケットを全力で楽しみ、スポーツ選手の習慣を身に付け、未来に準備してほしいと考えています。

代表プロフィール
小野 元(おの はじめ)

トップリーグで13年間、シューティングガードとしてプレー。
現役引退後は「未来のスポーツ環境づくり」をテーマに、クリエイター兼 育成コーチとして活動中。
中央大学→東芝ブレイブサンダース(現Bリーグ川崎)→熊本ヴォルターズ→ライジング福岡。
JBA認定ジュニアエキスパートコーチ

ワンバスがレッスンで
大切にしていること

姿勢づくり

各年代の選手を指導する中で、バスケットボールの上達を左右するのは「姿勢」であることに行き着きました。
ワンバスでは、選手のパフォーマンスを最大化させる「姿勢づくり」に力を入れています。

フットワークづくり

試合で活躍するためには、目の前の相手に応じて「動作を変換させる能力(アダプタビリティ)」が欠かせません。
ボールハンドリングとあわせて、コート上で臨機応変にプレーをするための「フットワークづくり」に力を入れています。

1on1引き出しづくり

相手に立ち向かう気持ちを大切に、1対1シチュエーションの「駆け引き」をトレーニングしています。
スキルを整理して習得することで、プレーの「再現性」を引き出し、選手の自信につなげています。

ふり返り習慣づくり

自分のプレーを振り返ることを大切にし、自ら課題を発見し、創意工夫できる選手を育成しています。

https://dev.onebasketball.jp/wp-content/uploads/2020/06/シューターアドバイス画面.001-300x300.jpeg
ワンバス代表 小野元
ワンバスのレッスンでは「自己管理」を習慣化する目的で、講習会を定期的に開催しています。 試合前のコンディションづくりから、ストレッチ、食事管理などのアドバイスを行っています。 また、テーマに沿ってグループワークを行い、「コミュニケーション力」向上を図っています。

オンライン
自学ツールの提供

-スキルライブラリ−

ワンバスでは、選手の主体性をサポートする目的で、上達のヒントや、練習づくりのアイデアが詰まった スキルライブラリを開設しました。自分の課題にあわせて、6つのカテゴリーからバスケットを学べます。

\ オンライン自学ツール /

スキルライブラリ

ワンバスが育てたい
3つのチカラ

PAGE TOP