カテゴリー: チーム強化

+ONEクリニック in 国際基督教大学 (7/17)

Posted on in +ONEクリニック, チーム強化

7月17日(日)、国際基督教大学(ICU)の男子、女子チームを対象に今年3回目となるクリニックを実施しました。今回は都内公立高校の選手たちも参加する合同練習となりました!

IMG_3778

今回のクリニックのテーマは、「2メンゲーム」。

1/4コートを使って、ハンズオフプレーとP&Rを中心にオフェンスの組み立てを練習し、最後は大学生vs高校生のスクリメージを行いました。
  
IMG_3788

ゲームを見ていて、やっぱり2メンゲームが成功するときは、2人の意思が通っている時。
  
これから秋のリーグ戦に向けて、さらに連携プレーに磨くとすれば、日頃から何でも話す習慣が必要だと思いました。
   
  
ミスを放置せず、話す。
   
自分がどうしたかった伝える。
   
相手が何をしたかったのか感じる。
   
プレーの成功を一緒に喜ぶ。
  
  
この作業、メチャクチャ重要です!
  
  
トッププレーヤーたちは、練習中でも試合中でも、プレーの精度を上げるために、この作業をホントに大切にしています。
 
 
勝つための「熱いコミュニケーション」

ぜひ続けていってほしいと思います!

IMG_3793

オフボールからの創造 in 中央大学(7/16)

Posted on in +ONEクリニック, チーム強化 Tags

S__24551451

7月16日(土)、母校 中央大学でクリニックを実施。
中大の練習には、昨年(2015年)の夏合宿以来の参加となりました。

http://onebasketball.ciao.jp/www/823

まず体育館に入って気づいたのは、
選手たちのカラダがひとまわり大きくなっていたこと。

1年間、しっかりトレーニングを積んできたことが一目で分かりました。

チームとしても、6月の関東大学新人戦で準優勝するなど、確実にステップアップしています。

今回の練習のテーマは、

「オフボールスクリーン」

待つ

かける

使う

見る

選手たちと一緒に、
ズレを作るための1プレーを確実に遂行するために何が必要か整理していきました。

S__15015950

DFとの勝負が始まるのは、

ボールをもらってからではなく、

ーーーーーーーー
ボールをもらう前
ーーーーーーーー

最短時間、最小スペースでスコアにつなげるための「過程」に選手1人ひとりがどこまでこだわっていけるか。

これがホントに大事だと思います。

スピードとシュート力に優れた中央大学が、ボールのないところからシュートまでの「過程」をクリエイトし始めたら、対戦相手にとって必ず脅威になると感じました。

9月から始まるリーグ戦で、母校の躍進を期待してます!!

頑張れ!中大!!

S__24551446
自主練に残ったメンバーと…気の利く部員が部旗を引っ張り出して…

イカイ九州GRUNS 初陣!(6/18)

Posted on in チーム強化

ONE Basketball Academy 小野元が、ヘッドコーチとしてチーム強化に携わっている「イカイ九州グランズ(株式会社イカイ九州 男子バスケットボール部)」の試合が明日福岡県で行われます。大会はリーグ形式のダブルヘッダーで、初戦は「九州電力アーティサンンズ」と戦います。ご声援よろしくお願いします!(観戦は無料です)

<イカイ九州GRUNS>

【全九州実業団選手権大会】

6月18日(土)
 14:00〜 vs 九州電力
 17:00〜 vs NOK熊本

 会場:九州電力 社員研修所 体育館
 〒814-0131
 福岡県福岡市城南区松山1丁目3−1

シューターこそ〇〇になれる!

Posted on in コーチブログ, チーム強化 Tags , ,

「きついマークをされた時のボールの受け方」

5月11日(水)に大分県の九州総合スポーツカレッジで行ったクリニックのテーマです。

今回チーム監督からいただいた具体的なご要望は、シューターの選手にボールを持たせる回数を増やしたいとのことでした。

僕自身もドリブルから1on1を仕掛けて、得点する選手ではなかったので、今回のテーマは現役時代にずっとやってきた内容!

ーーーー

きついマークを受けた時、
ボールが欲しいからといって、毎回スペースを潰してボールを受けに行ってしまっては、チームオフェンスが崩れてしまいます。

そこで頭に入れておきたいのは、

ーーーーーーーーーーーーーーー
味方を活かすと、自分が活きる
ーーーーーーーーーーーーーーー

ということ。

意外かもしれませんが、僕がずっと狙ってきたのは、スクリーンをかけてもらうことよりも

「スクリーンをかけること」

良いカタチでボールを受けるためには、自分ではなく、先に味方のチャンスをつくることが必要なんです!

そして、これまでの経験から一番DFにトラブルが発生するのは、簡単にスイッチできないシューターから身長差のあるビックマンDFの背中にかける「アップスクリーン」。

(下のエリアにいる選手が上にいる選手にかけるスクリーン)

特にビックマンDFがビジョンを失っている時、DFのスクリーンコール(声がけ)が遅れた時は、かなりの確率でドラブルを発生させることができます。

試合中、僕はいつもこのプレーを狙っていました!

なぜトラブルが起きるかというと、

ーーーーーーーーーーーーー
DFの優先順位が変わるから
ーーーーーーーーーーーーー

アップスクリーンを成功させると、ビックマンのゴールカットによって「ゴール下のノーマーク」というDFにとって最大のリスクが生まれます。

そしてスクリナーのDFは、瞬間的に「シューターのノーマーク」と「ゴール下のノーマーク」の2つのリスクを抱えることになります。

スクリナーのDFがそれまでどんなにタイトに守っていても、この「ゴール下のノーマーク」だけは放っておくわけにはいかなくなるのです。

「バンプ」もしくは「スイッチ」が起こればチャンス!!

DFは「ゴール下のノーマーク」をケアするためにほとんどの場合、自分のマークマンから離れて、ビックマンの動きをカラダで止める「バンプ」、または「スイッチ」で対応してきます。

そうなれば、オフェンスの選択肢はグンと広がります!

「バンプ」 の場合 ⇨
スクリナーのDFが遅れるので、シューターのオープンショット

「スイッチ」の場合 ⇨
ミスマッチを狙うビックマンのポストプレー、またはスクリナーのスリップ

もうお分かりかと思いますが、
このスクリナーがシューターというのが、DFにとって一番厄介なんです。

タイトに守ろうとすればするほど、新たに生まれるリスクに対処できなくなる……

だから、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シューターこそ《グッドスクリナー》になれる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけです。

またスクリーンプレーは、ボールハンドラー、スクリナー、スクリーンユーザーの3人の呼吸を合わせることがとても重要。

どんな良いスクリーンをかけても、ボールを持っている選手が見ていなければ不発に終わるし、ユーザーとなるビックマンがボールだけを見ていてはスクリーンに気付けません。


「味方を活かす」

「呼吸を合わせる」

チームプレーの原点が、良いカタチでボールをもらうポイントかもしれません。。。

シューターの選手には、ぜひ《グッドスクリナー》になってチームにたくさんのチャンスを作ってほしいと思います!

大野城市民代表 女子チーム強化(第2回)

Posted on in チーム強化

4月19日(火)第2回目となる大野城市民代表女子チームの強化クリニックを実施しました。

今回は、事前にチームキャプテンから
 
「試合になるとハーフコートのオフェンスで動きが止まってしまうので、そこを修正したい!」 とご要望をもらっていました。

  
なので、今回はフリーランス「パッシングオフェンス」を挑戦してもらいました。

特に、ハーフコートオフェンスでは、

ボールを持っていない選手の動きが重要になってきます。
 
 
「仲間を活かすためにスクリーンをかける選手」、

「そのスクリーンを大切に使う選手」、

「空いたスペースにカッティングしてDFを引き付ける選手」、

「ボールサイドの邪魔にならないように逆サイドにクリアする選手」など、
 
こんな選手が多いチームは、自分たちでプレーをクリエイトしやすくなります。

反対に注意したいのは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボールだけをジッと見て止まってる選手
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

。。。。。これは困ります。
 
そこで、今回練習したのは、

パスをした選手が必ず動いて、チームで空いたスペースを埋めていくこと。またボールハンドラーが、攻撃の中で逆サイドの味方の動きを意識してプレーをつくる練習をしました。

最初は、スクリーンや、カッティングプレーになれない様子でしたが、徐々に呼吸が合ってきました。
こればかりは、反復練習が必要になってきます…
 
   
アイソレーション1on1や、速攻だけで得点を重ねられるチームは少ないはずです。仲間を活かし、自分を活かすオフェンスを目指して、引き続き練習を頑張っていきます!