シュート力アップ!スタンス作り「3つ」のポイント

Posted on in スキルアップ

自分にあったスタンスを見つけよう!

選手によって、カラダの作りが違うように、シュートスタンスもまたそれぞれです。シュートを安定させるためには、自分に合った「シュートスタンス」を見つけることが大切です!今回は、ワンハンドシュートのスタンスをつくる「3つポイント」お伝えします。

1 「ひじ」と「かた」を上げやすいスタンス

ワンハンドシュートは、上に向かって、肘(ひじ)と肩(かた)を楽に上げられることが大切です。

シュートリリースでは、肩・肘・手首・ボールが一直線になります。

2  「手首」をまっすぐ返せるスタンス

シュートにひねり動作が加わると、手首の返り(フォロースルー)もくずれてしまいます。

シュートの最後に、手首がまっすぐ返っていることを確認しましょう。

3  「足裏の前」に体重がのるスタンス

ボールにチカラを伝えるためには、足裏の「前」に体重をのせることが大切です。

カカト重心は、チカラの流れを止めて、シュート動作をおそくするので注意しましょう。

今回は、きき足を「半歩前」に出すシュートスタンスをご紹介します。

きき足を「半歩前」にするとシュート力がアップするかも…

選手によっては、シュートハンド側の足を前に出すことによって、

・力が出しやすくなる

・肩が使いやすくなる

ということが起こります。

「シュートが曲がる」「シュートが届かない」で悩んでいる選手は、ぜひ試してください!スタンス(足の位置)によって、チカラの伝わり方は、大きく変わってきます!

シュート力アップに向けて、自分にあったスタンスを見つけてください!

お読みいただきありがとうございました。

ワンバス

小野はじめ

コーチプロフィール

小野元
小野元
ONE Basketball Academy 代表

日本バスケットボール協会公認 B級ライセンスコーチ
日本体育協会公認 スポーツ指導者

中央大学総合政策学部卒業
競技歴・代表歴・指導歴
競技歴(主な成績)
2001-2012 東芝ブレイブサンダース(リーグ優勝1回・天皇杯優勝1回)
2013-2014 熊本ヴォルターズ(NBLオールスターゲーム出場)
2014-2015 ライジング福岡

代表歴
1999 ユニバーシアード(スペイン)日本代表
2001 ユニバーシアード(中国)日本代表
 
一般社団法人 日本バスケットボール選手会 監事