カテゴリー: コーチブログ

セルフトーク…

Posted on in コーチブログ

  
ーーーーーーー
「まっすぐ上に」
ーーーーーーー
   
自主練やシューティングの中で
      
ずっと自分自身に言い聞かせてきたコトバです。
       
        
当たり前のコトなのですが、
僕にとっては、脱力してカラダをスムースに使うための「合言葉」のようなものでした。    
        
   
だから、シュートが乱れはじめた時は、
このコトバを自分自身にかけてすぐに修正するように心がけてきました。
       
         
自分でアウトプットして、
再びインプットする。
      
ーーーーーー          
セルフトーク  
ーーーーーー    
 
       
人間は、面白い作業ができるなと思いますが、
  
スキルや動作を習得する過程で、
   
大切なポイントをカラダに染み込ませるためには、
          
   
最適な方法かもしれません。
      
      
          
僕の場合、  
        
            
ほとんど声が漏れていました…(笑)
           
         
だから、シューティング パートナーは、
またブツブツ言ってるなと笑っていました。
        
         
声のボリュームに気をつけながら、
良かったら試してみてください!
 
         
お読みいただきありがとうございました。
         
    
小野 元(おの はじめ) 

電柱シューティング

Posted on in コーチブログ

中学時代、
 
  
存分にバスケができる場所がなくて、
    
自宅の前に立っていた
 
『電柱』を相手に

  
シュート練習を始めました。
   
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-2
          
リングより少し高いところに

数字の入ったプレートが貼ってあって、
 
ボールがまっすぐとんでプレートの真ん中に
  
 
当たると「パチン」と乾いた音がなりました。
     
    
どうやったらその音をならせるか...
     
    
来る日も来る日も、
 
電柱を相手に自分のシュートを研究しました。
 
     
ターンシュート、レイアップ、ロングシュート...
   
   
公道でよくもあそこまで暴れたなと思います。(笑)
    
 

電柱にシュートを打つと、
  
 
柱の中心に当てないとまっすぐ返ってこないんです。
   
    
小学校の敷地内からのびている電信柱だったので、
  
 
失敗するとフェンスを越えて
 
取りに行かなくてはいけない。
 
    
自然とシュートは逸らしてはいけない
  
   
という感覚を養っていきました。
     
  
3年生になるころには、
   
学校の敷地にボールが落ちることもなくなり、
  
道の反対側から
  
プレートに当てることができるようになっていました...
       
        
 
面白かったのは、
    
それから数年後、
       
ドイツのプロチーム「BG Gottingen」の
 
サマーキャンプに参加した時に、
  
ボードの側面に打つシュート練習を教わったんです。
   
     
チームのシューティングコーチが
  
     
『横から見た細いボードをリングの
  
「中心線」だと思って練習しろ!
  
しっかり中心を捉えたら、
  
まっすぐ返ってくるぞ。』 と。
     
 
…….

 
その時、
  
  
「なんだ俺、、、
  
電柱を相手に、
   
ドイツのトレーニングと同じことを
  
やってたんだな・・・」って。(笑)
  
 
 
このコーチの「LINE(中心線)」という言葉のおかげで、
 
無意識に習慣化されていたシュートのイメージが、
 
スーと頭の中にしみ込んだ気がしました。
  

それから、

シュートを人に教えるときはいつも
 
「リングの中心線」を
 
キーワードにしています。

面白いことに、
  
シュートが上手くなりたい一心ではじめた
  
電柱シューティングから現在のコーチングまで
  
一本の線で繋がっています。
 

これから出逢う選手たちにも、
 
たくさんのシュートを決めてほしいと思っています!

 
お読みいただきありがとうございました!

 
小野 元(おの はじめ)

電柱シューティング(マインド編)

Posted on in コーチブログ

   
「面白いことやってるね」
     
  
「熱いねー」
   
     
 最初は、みんな笑っていました。
   
 
だいたい3ヶ月も続けると、
誰も何も言わなくなります。
     
  
電柱に向かってシュートする光景を
当たり前にするには、、
  
   
とにかく続けることです。(笑)

      

なんであそこまで没頭できたか...

  
   
日々鋭くなっていく感覚が
   
楽しくてしょうがなかった気がします。

         
   
自分自身との対話...
   
翌日の練習で決まるシュート
  
また自問自答
  
練習、、試合、、
   
この繰り返しでした。。
   
  
   
そのうち、

大学やJBLで試合に出始めると
 
当時のメンバーが
   

「やっぱりハジメは、あのシュート練習があったからだよな。」って。

   
    
…………..
  
         
     
「おいおい、笑ってたじゃねーか...」と思うわけです。(笑)

              

そんなもんです。みんな。
  
  
    
だから、
   
    
     
ーーーーーーーーーーーー

人が じゃなく、『自分』

ーーーーーーーーーーーー
   
    
  
なりたいものがあるなら、
  
妥協しちゃいけない。
  
人の目を気にしちゃいけない。
   
  
自分のココロに従って突き進めばいいと思います。
  
         
  
これからも貫いていこうと思います。
  
                
     
小野 元(おの はじめ)
t01940259_0194025913546236091

WJBL「JX vs トヨタ自動車」試合観戦

Posted on in コーチブログ

福岡市民体育館で開催された、女子トップリーグWJBL「JX 対 トヨタ自動車」の試合をアカデミー選手たちと観戦しました。

2016年のオリッピック出場を決めた日本代表選手を観れる今回の試合をずっと楽しみにしていました。

試合は、JXのゲームコントロールが素晴らしく、終始リードする展開となりました。
個々の技術が素晴らしいのはもちろんですが、特に印象的だったのはチームとしてお互いを活かすためのフロアバランスがいつも整っていることです。DFが1人で2人を守れないように、ボールと味方の位置によって、的確に移動するトレーニングを相当してきていると感じました。

また何人かの選手は、2Pシュートをワンハンド、3Pシュートをツーハンドにして使い分けを行っていました。ペイントエリア付近では、DFとの間合いが短いため、ツーハンドで打つにしても打点を高くする工夫が必要です。

今後育成カテゴリーでも、女子のワンハンドシュートの指導は必ず必要になると改めて感じました。選手それぞれのタイミングを考えてを取り入れていこうと思います。

個人的には昨年まで男子トヨタで指揮をとっていたドナルド・ベックHCのオフェンスエントリーの女子版を見ることができて面白かったです。とにかくスクリーンの嵐で、中でもトリプルスクリーンのチェイスDFは鬼ごっこみたくなるんで、大変だったなーと1人で回想していました。あれ、足首にめちゃくちゃ負担がかかるんです..笑

一緒に観た選手たちにとっても、貴重な刺激となりました!