カテゴリー: コーチブログ

「ターンシュート」

Posted on in コーチブログ

中学校からバスケットを始めた僕らは、
  
顧問の先生も含めて、とにかくみんな練習方法を知らなかった。。。
   
  
今のように、手軽に
 
情報をキャッチできる時代じゃなかったので、
 
誰かが、
 
  
「この練習が良いぞ」
 
  
と言い始めたら、
 
そればっかりを練習することに……
  
  
それで当時、
  
センターだった僕に与えられたメニューは、
  
   
「ターンシュート」。
   
   
ローポストで、
  
ゴールに背を向けてポジション取りからスタート。
   
   
ボールを受けて、左右どちらかにターンして、シュート……
  
  
3年間、ひたすらこれを練習することになりました。
  
   
練習では、
 
ブロックをされないように打点を高くしたり、
  
ステップを入れたりしながら、
  
シュートの精度を上げていきました。
  
  
マイケル・ジョーダンの
  
フェイダウェー(少し後ろに下がりながらシュート)もたくさんマネしました。
  
  
その後、
  
高校で「フォワード」、
  
大学で「シューティングガード」とコンバートしましたが、この「ターンシュート」はいつも得点パターンとして使うことができました。
    
   
ユース世代で身につけた技術は、
  
生涯にわたり必ず役立ちます!!
   
   
次世代の選手には、
  
僕よりももっと多くの「引き出し」を

みがいて行って欲しいと思っています!
 
 
 
小野 元(おの はじめ)

ターンシュート

Posted on in コーチブログ

中学校からバスケットを始めた僕らは、顧問の先生も含めて、とにかくみんな練習方法を知らなかった。。
  
  
今のように、手軽に情報をキャッチできる時代ではなかったので、誰かが、「この練習が良い」と言い始めたら、そればっかりを練習することに……
 
 
それで当時、センターだった僕に与えられたメニューは、
 
  
「ターンシュート」。
 
 
ローポストで、ゴールに背を向けた状態でボールを受けて、左右どちらかにターンして、シュート……
 
 
3年間、ひたすらこれを練習することになりました。
 
 
来る日も来る日も、DFをイメージしてブロックをされないように打点を高くしたり、ステップを入れたりしながら、シュートの精度を上げていきました。中でも、当時全盛期だったマイケル・ジョーダンの「フェイダウェー(少し後ろに下がりながらシュート)」をたくさんマネしました。
 
 
その後、高校で「フォワード」、大学で「シューティングガード」とコンバートしましたが、この「ターンシュート」はいつも得点パターンとして使うことができました。
  
  
ユース世代で身につけた技術は、生涯にわたり必ず役立ちます!!
 
 
次世代の選手には、僕よりももっと多くの「引き出し」と「切り口」をみがいて行って欲しいといつも思っています!!!

講話授業 in 太宰府中学校

Posted on in コーチブログ

S__9338890

太宰府中学校の1年生を対象に、
「夢を近づけるため」のマインドセットと取り組み方について、講話授業を行いました。

授業は、まず生徒の皆さんに、今すでに持っている自分の武器(具体的な可能性)は何のか気づいてもらうために、グループ内でお互いの長所を探ってもらうミーティングからスタートしました。

自分の経験から、「好きなこと」「得意なもの」がある人はそれだけで、すでにチャンスと可能性を秘めていると思っています。

あとは、「自分がどうなりたいか描くこと」、そして、「好きなこと」「得意なもの」を磨きとがらせることで、道が開けてくると信じています。

そのために、一番伝えたかったポイントは、『主体性』をもって生きるということです。

「みんなが○○だから、学校では○○だから」に流されることなく、本当のじぶんは何をしたいのか感じること、また、それを貫くココロが大切だと思います。
 
授業の最後には、生徒の皆さんに、「僕が○○になる」「私が○○をする」という自分への宣言をノートに書いてもらいました。
 
ノートに書かれた、それぞれの目標や夢が実現するように応援しています!!!
  
今回のクラスでは、スポーツ部所属の生徒がほとんどだったため、同じアスリートとしてそれぞれ自分の話に置き換えて一生懸命に話を聞いてくれました。中学生の皆さんのまっすぐな気持ちに刺激された1日となりました!^^
  
お読みいただきありがとうございました。 

小野 元(おの はじめ)

S__9338907

セルフトーク…

Posted on in コーチブログ

  
ーーーーーーー
「まっすぐ上に」
ーーーーーーー
   
自主練やシューティングの中で
      
ずっと自分自身に言い聞かせてきたコトバです。
       
        
当たり前のコトなのですが、
僕にとっては、脱力してカラダをスムースに使うための「合言葉」のようなものでした。    
        
   
だから、シュートが乱れはじめた時は、
このコトバを自分自身にかけてすぐに修正するように心がけてきました。
       
         
自分でアウトプットして、
再びインプットする。
      
ーーーーーー          
セルフトーク  
ーーーーーー    
 
       
人間は、面白い作業ができるなと思いますが、
  
スキルや動作を習得する過程で、
   
大切なポイントをカラダに染み込ませるためには、
          
   
最適な方法かもしれません。
      
      
          
僕の場合、  
        
            
ほとんど声が漏れていました…(笑)
           
         
だから、シューティング パートナーは、
またブツブツ言ってるなと笑っていました。
        
         
声のボリュームに気をつけながら、
良かったら試してみてください!
 
         
お読みいただきありがとうございました。
         
    
小野 元(おの はじめ) 

電柱シューティング

Posted on in コーチブログ

中学時代、
 
  
存分にバスケができる場所がなくて、
    
自宅の前に立っていた
 
『電柱』を相手に

  
シュート練習を始めました。
   
%e3%82%bf%e3%82%99%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99-2
          
リングより少し高いところに

数字の入ったプレートが貼ってあって、
 
ボールがまっすぐとんでプレートの真ん中に
  
 
当たると「パチン」と乾いた音がなりました。
     
    
どうやったらその音をならせるか...
     
    
来る日も来る日も、
 
電柱を相手に自分のシュートを研究しました。
 
     
ターンシュート、レイアップ、ロングシュート...
   
   
公道でよくもあそこまで暴れたなと思います。(笑)
    
 

電柱にシュートを打つと、
  
 
柱の中心に当てないとまっすぐ返ってこないんです。
   
    
小学校の敷地内からのびている電信柱だったので、
  
 
失敗するとフェンスを越えて
 
取りに行かなくてはいけない。
 
    
自然とシュートは逸らしてはいけない
  
   
という感覚を養っていきました。
     
  
3年生になるころには、
   
学校の敷地にボールが落ちることもなくなり、
  
道の反対側から
  
プレートに当てることができるようになっていました...
       
        
 
面白かったのは、
    
それから数年後、
       
ドイツのプロチーム「BG Gottingen」の
 
サマーキャンプに参加した時に、
  
ボードの側面に打つシュート練習を教わったんです。
   
     
チームのシューティングコーチが
  
     
『横から見た細いボードをリングの
  
「中心線」だと思って練習しろ!
  
しっかり中心を捉えたら、
  
まっすぐ返ってくるぞ。』 と。
     
 
…….

 
その時、
  
  
「なんだ俺、、、
  
電柱を相手に、
   
ドイツのトレーニングと同じことを
  
やってたんだな・・・」って。(笑)
  
 
 
このコーチの「LINE(中心線)」という言葉のおかげで、
 
無意識に習慣化されていたシュートのイメージが、
 
スーと頭の中にしみ込んだ気がしました。
  

それから、

シュートを人に教えるときはいつも
 
「リングの中心線」を
 
キーワードにしています。

面白いことに、
  
シュートが上手くなりたい一心ではじめた
  
電柱シューティングから現在のコーチングまで
  
一本の線で繋がっています。
 

これから出逢う選手たちにも、
 
たくさんのシュートを決めてほしいと思っています!

 
お読みいただきありがとうございました!

 
小野 元(おの はじめ)