作者別: 小野元

ONE Basketball Academy 代表 一般社団法人 日本バスケットボール選手会 監事 日本バスケットボール協会公認 B級ライセンスコーチ 日本体育協会公認 スポーツ指導者 中央大学総合政策学部卒業 [su_spoiler title="競技歴・代表歴・指導歴"]競技歴(主な成績) 2001-2012 東芝ブレイブサンダース(リーグ優勝1回・天皇杯優勝1回) 2013-2014 熊本ヴォルターズ(NBLオールスターゲーム出場) 2014-2015 ライジング福岡 代表歴 1999 ユニバーシアード(スペイン)日本代表 2001 ユニバーシアード(中国)日本代表 指導歴 2012 中央大学バスケットボール部 アシスタントコーチ 2016 イカイ九州グランズ ヘッドコーチ[/su_spoiler]

シューターに欠かせない「2つのチカラ」後編

Posted on in +ONEクリニック, コーチブログ

(後編)

①仲間に共感するチカラ

に続いてシューターが得点を取るために必要な能力は

②「ズレ」を逃さないチカラ

ボールを持っている仲間が「次の瞬間に何をしたいのか」ここに共感してあげることで、味方の選手はより高いパフォーマンスを発揮できるようになります。もちろんそのままスコアできればベストですが、ゴールに向かって思い切って仕掛けることで、他のDFの注意を引きつけてくれるようになります!

ここでシューターにとって最大のチャンスがやってきます!

DFがカバーに寄ったことで生まれる

空間の「ズレ」

DFのローテーションが間に合わなくなる

時間の「ズレ」

 

高確率でシュートを決めるためには

このDFが一番困る

すぐに解消できない「ズレ」に

カラダを移動させることが超大切です!

 

ポイントは、

味方が仕掛ける前にフロアバランスをよく見ておくことです。

ボールだけでなく、

他の仲間はどこにいるか、

DFの注意はどこに向いているか

フロア全体をちょくちょく

眺めてみる。。

いつもより1歩外側に

広がってみるとフロアバランスが

良く見えるようになるかもしれません…

習慣化していくと

どんなタイミングで

どこに「ズレ」が生まれるかが

見えてくるはずです!

仲間への共感

スペーシング(オフェンシブヘルプ)

仲間のパフォーマンス最大化

ズレの発生

合わせのプレー

この順番です!

仲間を活かした後に自分が活きる

「共感すること」

「ズレを逃さないこと」

得点源となるシューターにとっては欠かせない能力だと思います!

ぜひ意識してみてください!!

お読みいただきありがとうございました。

小野 元(おの はじめ)
  
  

★★絶賛好評発売中!!『3Pシューター小野元 監修:シュート決定力アップ トレーニングDVD』★★

http://skillup.onebasketball.jp/

【ゴールデンウィーク 5/7(日)までの期間限定Tシャツを「無料」でゲットできるキャンペーン実施中!!】 
詳しくは画像をクリック!

 

ワンバスMailマガジン配信中

コーチブログや動画などスキルアップ情報をいち早くお届けいたします!

ワンバスが開催する講座やスキルアップ教材に関する情報をお届けします。

ご入力頂いたアドレス宛に「登録のご案内」を送信いたします。

シューターに欠かせない「2つのチカラ」前編

Posted on in +ONEクリニック, コーチブログ Tags

「試合でもっと得点を取りたいんですが、何を意識したらいいですか?!」

先週のクリニックで、中学生男子選手から質問がありました。普段は「レイアップとミドルシュートで8点くらいは取れるけど、それ以上なかなか得点が伸びない・・」ということでした。その場では簡単なアドバイスになってしまいましたが、僕の答えは、すごくシンプルです!

ラクなシュートを増やすこと!

僕がシューティングガードとして、いつも意識して来たことは

DFのプレッシャーをなるべく減らした状態で
正確なシュートにもっていくことでした。

入るか入らないか分からないタフショットより、イージーショットを確実に決め続けることで、チームに貢献しようと考えてきました。現役時代の自分を振り返ってみて

ラクなシュートを打つために、シュートとは直接関係なさそうな2つのチカラを駆使してきたと感じます。1つ目は「共感するチカラ」。2つ目は「ズレを逃がさないチカラ」です。

シューターに必要な「共感するチカラ」

ボールを持っている仲間が次の瞬間に何をしたいのか

ここにいつもアンテナを張ってきました。

味方のやりたいことが分かったら、その選手が思い切ってプレーしやすいように瞬時に動いてあげます。

例えば

1on1を仕掛けようとしていたら、近づかないで、スペースを取ったり、逆サイドにクリアしたり…

反対にDFのプレッシャーに困っていたら、カッティングしてボールを受けに行ったり…

一番大切なのは、

ボールを持っている仲間に最大値のパフォーマンスを発揮させること

味方が何をしたいのかを感じて、呼吸を合わせること。この気遣い一つでタイミング良くボールが回ってくるようになると思います(^^)

バスケットはチームスポーツ、日頃から仲間のことをたくさん知って、コート上で思いを共有できれば簡単な得点パターンを増やすことができます!

仲間に共感するチカラ

シューターには欠かせない能力の1つです。

次回(後編)では、「ズレを逃がさないチカラ」についてお伝えしたいと思います!

お読みいただきありがとうございました。

小野 元(おの はじめ)

_________________

★★絶賛好評発売中!!『3Pシューター小野元 監修:シュート決定力アップ トレーニングDVD』★★

http://skillup.onebasketball.jp/

【ゴールデンウィーク 5/7(日)までの期間限定Tシャツを「無料」でゲットできるキャンペーン実施中!!】 
詳しくは画像をクリック!

 

ワンバスMailマガジン配信中

コーチブログや動画などスキルアップ情報をいち早くお届けいたします!

ワンバスが開催する講座やスキルアップ教材に関する情報をお届けします。

ご入力頂いたアドレス宛に「登録のご案内」を送信いたします。

ギャロップステップ

Posted on in アカデミー太宰府校, スキルアップ Tags , , ,
<更新情報>
2016年4月 – ページ公開
2017年4月 – 「ギャロップステップを決めよう!-ワンバス太宰府校」を追加

《ギャロップステップ》

「2人目のDFにカバーされるとプレーが止まってしまう」という相談をよくもらいます。
DFの奥に空いているスペースがあれば、そんな時、このステップでDFの間を割っていくことができます。

ポイント
ステップに入る前のドリブルを強くつくこと。
ボールの反発力に合わせてカラダを移動させること。
移動中は、DFにボールを触られないようにケアすること。