子どもの頃に知りたかった・・・基本姿勢のパワースタンス

9月に行われた小野元コーチのレッスンをレポートします。

このレッスンでは、バスケットの基本姿勢といわれる『パワースタンス』を徹底しておこないました💪
①骨盤を前傾する
②肩まわりをリラックスする
この2点を重点的に子どもたちには指導しました。

この姿勢を保つメリットは様々ですが、
例えば、、
⑴ 膝に自分の体重が掛からず、ケガをしにくい
⑵ 自分のカラダを「お尻」で支えることで、全ての動作が安定する
⑶ 上半身をリラックスして使えることで、肩まわりの可動域が拡がる
などです。
プロバスケットボールの選手の、ディフェンスやフリースローの動きを観ると、骨盤を前傾していることがよく分かります。膝を深く曲げてるわけではないですね。
NBAのスーパースター✨、マイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントが、脚が細くてお尻まわりが大きいのは、パワースタンスを瞬時に常時活用して、脚に負担のない、お尻を使った動作をしているからだそうです👀🤔

私も子どもの頃にこの基本姿勢を知りたかった😅と、レッスンを観ながらしみじみと思いました。

姿勢とお尻の使い方を繰り返し意識させるよう、子どもたちには指導していきます。