攻撃は「短時間」でまとめる!

=========
「ボールをもらう前の準備」
=========

シューターにとってこれほど
大切ものはありませんでした。

ボールを貰いました。

さて、どうしよう??…

レベルアップを目指すバスケ選手に
そんなのんびりしている時間はありません。。

貰う前にすでに頭のなかで
イメージを膨らませておくことが大切です。

僕自身がDFとの駆け引きで
意識してきたのは
一つ。

ーーーーーーーーーー
「短い時間」で勝負する
ーーーーーーーーーー

ということ。

ボールを受けた瞬間に、

自分がスコアに向かうのか、
味方を活かすほうを選ぶか

この判断のために

ボールをもらう前から、
1秒2秒先のDFをかわすところまでイメージしていく。

もらってから時間をかけないために

「DFの状況はどうなっているか」

「空いているスペースはどこか」

をよく見て、

事前に判断を見立てておきます。

そうすると、

もらった瞬間に一直線にドライブができたり、

DFをズラして、先手を取ってプレーできるようになります。

ボールを受けた後の作業がイメージできると

次に自分が何のために

ボールを受けるかハッキリしてきます。

シュートなのか、

フェイクからパスなのか、

ある時は、

ただボールをつなぐ役割だったり、

ボールがもらえなくてもDFを引きつけて味方のスペースを作ったりなんてこともあります。

1519398_574964345917950_119912349_o

ボールを受ける目的が

ハッキリすると

今度は、

目的に応じて、

ボールを受ける「体勢」が変わってくるはず…

そうして少しずつ仕掛けが

速く的確になっていく。

チームオフェンスに参加する上で、

欠かせない要素。

ーーーーーー
短時間勝負!
ーーーーーー

ボールをもらった後のイメージを

ぜひ膨らませてみてください!

お読みいただきありがとうございました。

小野 元(おの はじめ)

コーチプロフィール

小野元
小野元
ONE Basketball Academy 代表
一般社団法人 日本バスケットボール選手会 監事

日本バスケットボール協会公認 B級ライセンスコーチ
日本体育協会公認 スポーツ指導者

中央大学総合政策学部卒業
競技歴・代表歴・指導歴