大野城市民代表 女子チーム強化(第2回)

4月19日(火)第2回目となる大野城市民代表女子チームの強化クリニックを実施しました。

今回は、事前にチームキャプテンから
 
「試合になるとハーフコートのオフェンスで動きが止まってしまうので、そこを修正したい!」 とご要望をもらっていました。

  
なので、今回はフリーランス「パッシングオフェンス」を挑戦してもらいました。

特に、ハーフコートオフェンスでは、

ボールを持っていない選手の動きが重要になってきます。
 
 
「仲間を活かすためにスクリーンをかける選手」、

「そのスクリーンを大切に使う選手」、

「空いたスペースにカッティングしてDFを引き付ける選手」、

「ボールサイドの邪魔にならないように逆サイドにクリアする選手」など、
 
こんな選手が多いチームは、自分たちでプレーをクリエイトしやすくなります。

反対に注意したいのは、

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボールだけをジッと見て止まってる選手
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

。。。。。これは困ります。
 
そこで、今回練習したのは、

パスをした選手が必ず動いて、チームで空いたスペースを埋めていくこと。またボールハンドラーが、攻撃の中で逆サイドの味方の動きを意識してプレーをつくる練習をしました。

最初は、スクリーンや、カッティングプレーになれない様子でしたが、徐々に呼吸が合ってきました。
こればかりは、反復練習が必要になってきます…
 
   
アイソレーション1on1や、速攻だけで得点を重ねられるチームは少ないはずです。仲間を活かし、自分を活かすオフェンスを目指して、引き続き練習を頑張っていきます!

コーチプロフィール

小野元
小野元
ONE Basketball Academy 代表
一般社団法人 日本バスケットボール選手会 監事

日本バスケットボール協会公認 B級ライセンスコーチ
日本体育協会公認 スポーツ指導者

中央大学総合政策学部卒業
競技歴・代表歴・指導歴