状況判断

大宰府校の大河です。

プレー中
こんな状況見たことありませんか?

ゲーム中に人がボールに集まって、プレースペースがなくなってしまった。

ボールをもらっても、シュートが打てず、ディフェンスに囲まれてしまった。

ボールを持ってない選手がボールばかり見てしまって動かないでプレーが止まってしまった。

バスケを始めたばかりの時とかってこんなことよくあったなぁと思います。

image

バスケットボールは、
1個のボールを5人でシェアするスポーツです。1人がボールを持ってたら、
他の4人は、ボールを持ってない訳ですから、
味方を見ながら うまく動いて、ボールをもらう際に、よりオフェンスが有利な状況でボールを受ける事
は、プレーにおいてとても大切なことだと思います。

と言うことで、

最近のスクールでは、「オフボールの動き」「状況判断」をテーマにレッスンを行っています❗

いくつかレッスンを取り入れた際は、
パスを出したあとどこに動くかわからずに。

(小野)「そっちじゃないよー」

(大河)「あっちあっち」

(選手)「パース。HEY!HEY!」

テンヤワンヤ・・・・・・・・

最近のレッスンでは、
(小野)「そういいぞ!」
「スピード上げよう」
「そうだ!」
「ナイス!ナイス!」

終わってから、「良かったよ!ナイス!」
選手とハイタッチ!

(大河)
「コーチは素で喜んどるな。」

選手の成長と共に、コーチのテンションも上がるっていう・・・・(笑)

image

ゲームでも、ボールマンの1対1がメインのオフェンスから、

良い動きをするので、パスでシュートまで繋がるプレーも増えてきました。

パスが回る→皆がボールを触れる→
イージーショットになる→ハイスコアになる→楽しい!!

ゲームが盛り上がりましたね~(嬉)

レッスンの難易度を上げて、プレーに関わる人数を増やしたり、メンバーを入れ換えたりする際は、さらに工夫してレッスンを重ねていく必要があるなと課題は見付かりましたが、現時点でも、ハイスコアな展開になってきました❗

このレッスンは、とても大切になってくると思います。

ハンドリングのレッスンも、ドリブルがうまくなる。事も目的の1つですが、
一瞬で判断を必要とする場面で、ボールに意識を向けなくても、無意識でコントロール出来るようになる事
を第一の目的としているので、

より良い状況判断に繋がるスキルになるように、アレンジメニューを取り入れていこうと思います。

ありがとうございました❗